日本語と英語の発声の違い

Pocket

ボイトレでは日本語と英語の発生の違いを学ぶこともできます。すでにみなさんもご存知の様に日本語と英語では発音が違いますが、これは発声の違いから差が出てくると言われています。

日本語はもちろん皆さんが普段使用している言語ですから良くご存知だと思いますが、母音と子音で構成されていて、母音は声帯を震わせる、そして子音は声帯を震わせない発声になり、子音を強く強調する日本語の発音では声帯はほぼ震えない発声となります。

しかし、英語の場合は母音を長く発声したり、中には母音が続いている単語なども!あれ?どんな風に発声するのだろうと悩んでしまう日本人は多いでしょう。日本語は一つ一つの文字をくっきりはっきり分けて発声し、英語の場合は全ての文字をすらっと繋げて発声すると考えるといいのではないでしょうか?

日本では英語を話す機会が少ないので、なかなか英語の発声を学ぶのは難しいことではありますが、ボイトレで英語の発声を学ぶこともできます。

This entry was posted in ボイトレのおすすめポイント. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります